ゆりちゃんぶろぐ

ゆりちゃんの日常とかいろいろ

界隈

昔から好きな言葉がある
これは中学生の頃友人のIくんが当時ネタとしてアホみたいな行動ばっか取っていた友達に放った一言だ

「おい〇〇、俺らにとってはお前が変だということが共通の認識だしネタだとしても俺らは理解できる、しかし周りの人達から見ると『〇〇が変』ではなくて『あの集団変』っていう風に見られるんだぞ。だからもうちょっとまともな行動をしてくれ。」

その時俺はすごい納得したし、いい言葉を言うなと思った

 


話は変わるが最近

誰かが間違った発言や考えなしの文をツイートした時

ほぼほぼ高確率で誰かがリツイートorそのツイートをスクショして自身のTLに挙げ

フォロワー達と群がってみんなで総叩きしてツイート主をボッコボコにする

という風潮をよく見る

とある某大手までそのような発言をする傾向にある

 

間違っていると思うなら素直に直接リプライを送って教えてあげればいいのではないのか?

なぜわざわざ改めてネタとして自身のTwitterで挙げ面白おかしく攻撃する必要があるのか

傍から見れば元ツイート主もそれを面白がって集団で叩いてるツイート主もそのフォロワー達もどっちもである

 

特に最近のDM界隈ではこれが酷くなっているように思えるし

Twitterを見てるだけで毎日のように目に入ってくるのはさすがにこちらも嫌になる

Twitterは各々が書きたいことを書く場であるわけで

間違ったことを書いてはいけないというルールはないと俺は思う

それを面白おかしく晒しあげてみんなで総攻撃してる時点でハッキリ言ってそいつらもその元ツイート主同等あるいはそれ以下の雑魚なんですわ

 

大体見知らぬ人が間違った発言をしていたら放置でいいのではないか

間違った構築や間違ったプレイングをしている人間がいればそのような人間とCSで当たると有利なのではないのか

なぜわざわざライバルを増やすようなことをするのか

答えは簡単で単に人を叩くことで得られる自己肯定なのだろうと俺は思う

そのような人を叩くような人間の心理なんて

「自分はこいつよりはマシ、この界隈にはこんな変な奴がいるぞ」

と自分で思いたいんだろう

上記したが傍から見れば一緒なんですわ

一般人から見れば休日に暑いショップの中で汗かきながらカードゲームやってる奴らなんて全員オタクにしか見えないんですわ

 

自身の界隈の人間を叩く暇があるなら

自身の界隈のレベルや民度を上げることを考えればいいのにと

最近はつくづく思う

 

 

かと言ってじゃああなたは今までそのようなツイートをしたことがないのですか?

と聞かれると

自信を持って『はい』とは言えないし

今までの俺のツイートをくまなくチェックするといくつかの該当するツイートは見つかると思う

けど一昔前からそのようなツイートはしないように心がけてるし

人を叩くことで得られるものってものは

ハッキリ言ってゼロなのではないかと思う

 

 

最近はTwitterを見ててそう思うことがとにかく多かった

俺のff内ですらそういうツイートで溢れかえる時があるし

もしff内の人でこのブログを見て少しでも思い当たる人がいるならば今後多少気をつけていけばいいのではないかと思う

大体貴重な限りある自分の人生の時間を

人の悪口に費やすのってもったいないと思わない?

俺は思う

なんで嫌いな人間の悪口なんかに自分の時間を使わないといけないのだ

 

今一度Twitterがどういう場なのか

自分の属している界隈をどうしたいのか

人を叩くことによって得られるものが何なのか

 

を改めてみんな考えるべきだと思った